コンテンツを自分で配信する新しいメディア

コンテンツを自分で配信

テレビから情報を知る時代から、自分でも情報を発信する時代に変わってきました。
インターネットのWEBサイトで自分で撮影した動画を配信したり、新しいコンテンツを作るクリエイターと呼ばれる人が増えていると感じます。

 

このクリエイターで有名なのはyoutuberと呼ばれる、動画投稿サービス「YouTube」を利用している人たちのです。
もっとyoutuberを正確に表現するなら、動画投稿サービス「YouTube」で動画を配信することで広告収入を得ている人達のことで、最近ではテレビなどにもその名前が挙げられることがあり、youtuberの収入額に魅力を感じた多くの人がこれらWEB動画コンテンツに参入するようになりました。

 

これによってインターネット上の動画コンテンツが急激に増加、もとから配信されていた動画コンテンツも含め大きな情報源となっています。

 

インターネットを使った動画コンテンツはテレビのコンテンツとは違い、情報の幅が広くなり、その情報の真偽についても視聴者が自分で判断する機会が増えてきた点です。

 

また、インターネット上でライブ配信もでき、テレビでは番組毎に決められた放送時間があるいっぽうで、インラーネット上では時間を自由に使ってコンテンツを配信することができるというメリットがあります。