テレビ以外のメディアの登場

テレビ以外のメディア

テレビがここ数十年の間で人々にとって欠かすことが出来ないメディアとして定着しています。テレビ以外のメディアとしては、紙媒体の雑誌または新聞など、他にも電波放送を使うラジオなどがあります。それらのメディアの中には新しい物が登場しました。
それがインターネットです。インターネット、またはネットと呼ばれる環境では、その中に様々な情報がやり取りをされており、情報の数でいえば刻一刻と様々な情報のやり取り、さらには国を超えて情報のやり取りがされているのです。

 

インターネット環境が身近なものとなったのも、2011年に地上アナログ放送が終了し、地上デジタル放送に切り替わったことも1つに契機だったのではないかと考えることが出来ます。
というのも、このデジタル放送を見るために、各家庭では、地上デジタル放送に適したチューナーなどの機器を取り付ける必要があり、その取りつけを行うと同時に、CS放送やBS放送などに加入するといったことが増えました。

 

さらに言えば、ケーブルテレビを配信している各社ではネット回線のプロバイダーとして、抱き合わせのようにネット回線を取り付けることができたのです。

 

これのおかげか、日本でのインターネット環境は世界で見ても進んでおり、ネット普及率は70%以上となり各国で比較しても高い数字であるといわれているのです。